読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちかの声色模様♬

関西で声のおしごとをしています。石井ちかです。

「授業中はおしゃべりをしないようにしましょう」が守れない大人たち

先日、授業参観後に震度5弱以上の地震を想定した避難訓練がありました。

f:id:c_etoile:20161006235208p:plain
参観終了後、まず保護者だけ体育館に集まるのですが
とにかくおしゃべりをする人達が多いのです。
それでなくても大勢の人が集まり、校長先生のお話も聞こえにくい中
説明も聞かず、ペチャクチャしゃべり倒す大人たち。

市の危機管理室の方からもお話があり
「本日は訓練ですが、災害時と同じようにマイクを通さずお話します。
災害時はたくさんの人達でごった返し、マイクなども使えない状況が考えられます。今のように私語をされる方が大勢いらっしゃると大切な連絡事項が聞こえなかったり安全にお子さんをお引き渡しすることも出来なくなります。これからお話しさせていただく間、私語は慎んでいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします」
って言われる大人ってどうなんよ?

参観時も我が子を見るわけではなく、廊下でおしゃべりしているお母さん達。
せっかく自分が当たって、いいところを見てもらおうとお母さんの方を向いているのにおしゃべりに夢中で見ていない。その子はとても悲しそうな顔をしていて、なんだか切なかったです。

ひとりひとりが、ほんの少しずつ想像力を働かせることで、ずいぶん変わると思うのですが…。