誰のための人生?

つい最近出会った青年(20代)とこんな話に。

本当は、今のまましゃべる仕事を続けて
いつかDJになりたいっていう夢もあったんですけど
親に「今の仕事はお給料が安定していないから、ちゃんと正社員として働けるところに就職して」と言われたので辞めることにしました。
〇〇君は、本当にそれでいいの?と訊ねると
「続けたい気持ちはありますけど、お願いだから正社員になってって親に言われましたし、ここまで僕を育ててくれたんで…」と。

もう一人の青年(30代)は
父親が危篤の為その時が来たら、母(お母様は働けるのに働かないとのこと)と妹(妹さんも成人されているのですが、働いたり働かなかったりなんだそう)を支えていかないといけないので、今のまま自分がやりたい仕事を続けていてもいいのかどうか悩んでいます。
自分がやりたい仕事は続けたいですし、いつか結婚したいとも思っているのですが、僕が家族の面倒を見ないといけないので…。今、ちょうど正社員にならないかというお話を頂いてるんですが、家族に話したら「いいじゃない。正社員になってくれたら私達も助かるわ」と言われて揺れている自分がいます。と。

どちらも、素直で優しい青年。
親のことを大切にしなければ。大切にするべき。と思っています。もちろん、決めるのは本人なので「こうしたら?」「こうすればいいのに」とは言いませんが。
(本当は言いたいけれど…)

諸事情あって、親と縁を絶ってかれこれ8年ほどの私。
(この諸事情もいつかブログにアップしようかな)
身内の甘え(特に金銭面、うちは金銭面以外も)を許していると、結婚しようが子供が生まれようが、それはずっと続くのです。
あなたが本当に幸せになりたいのなら
自分から家族との線引きをしっかりして
自分の幸せとは何なのかを(自分の幸せを考えるのは決して悪いことではないよ)もっと真剣に考えてほしいです。

自分の人生を考えることは
親不孝でもなんでもないのだから。