まあるい暮らし、ちか日記

アラフィフ主婦の好きなモノ好きなコトゆるりと気ままに綴ります。

THE GREATEST SHOWMAN

先週末にヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画
グレイテスト・ショーマン」を家族で観てきました。

家からは遠いのですが、IMAX次世代レーザーで観たかったので
109シネマズ大阪エキスポシティ まで。

f:id:c_etoile:20180227004404j:plainf:id:c_etoile:20180227004514j:plain
昨年観た「美女と野獣」の時と同じ席をチョイス。
やはり、この席は疲れることもなくいいですね。

ラ・ラ・ランド」は子供には難しい内容だったので主人と観ましたが
グレイテスト・ショーマン」は9歳の息子も楽しめる映画でした。
観終わったあと、息子も自分が感動したところを
一生懸命、話してくれるのを聞いて微笑ましく思ったり。

今でこそ「みんな違ってみんないい」と
小学校の授業でも教えてもらえる時代ですが
グレイテスト・ショーマン」で描かれている
19世紀という時代背景を考えると
P・T・バーナム氏がおこなってきたことは
映画以上に、それはそれは相当なバッシングを
受けてきたんだろうと容易に想像できます。

レビューでは「偽善」だとか「内容を端折りすぎ」などといった
辛口なコメントも見かけましたが
ドネーションを募ってお涙頂戴よろしく
「感動ポルノ」を流している番組の方が
よっぽど「偽善」なのでは?と思ってしまいますし
内容うんぬんに関しては「そこは行間読もうよ」と思うのですが…私はね。

観に行く前から、サントラを聴き込んでいたのですが
映画館で聴く音楽の素晴らしさは言わずもがなですね。
主人と息子は家に着くなり、サントラを何度も流しては
余韻に浸っておりました。

すでに我が家では「また観に行こう♪」と話しています。

グレイテスト・ショーマン

何度も観たくなる、家族みんなのお気に入り映画となりました。

広告を非表示にする